黒にんにく いつ食べる

黒にんにくはいつ食べるの?

いつ食べる

「黒にんにくはいつ食べればいいのか分からない」という疑問をお持ちの方にお答えします。

 

黒にんにくを何かの薬と勘違いしている方が多いですが、黒にんにくは食品ですので、いつ食べるという縛りはありません!!

 

食べたい時に食べるこれがベストと言えるでしょう。

 

わざわざ食事の後に食べる必要もなく、朝でも昼でも夜でも24時間いつでも大丈夫です。ただ疲れを感じる時に1片〜2片食べるのが一番いいと言われていますね。【あくまでも噂ですが・・・】

 

 

結論・・・食べたい時に食べましょう!

 

ただし、食べ過ぎには気をつけましょうね。黒にんにくは薬ではないので副作用はありませんが、食べ過ぎて体調が悪くなったという事例が多々あるので食べ過ぎにはくれぐれも気をつけてください。

 

食べ過ぎると「胸焼け」や「下痢」などの症状がでる場合があります。

 

しかし、この症状は黒にんにくに限ってのことではなく、どんな食品にでも起こり得る「過剰摂取」による体調不良です。摂取量をさえ守れば、黒にんにく以上に健康・美容に効果がある食品は他にありませんのでしっかりと守りましょう。

 

黒にんにくの1日の摂取量は1片〜3片が目安です。でも1玉1玉大きさがバラバラなので、参考にならないという方もいるでしょう。そんな方は1日1片を心がけましょう。

 

1片でも十分な効果・効能を得ることはでき、そして何よりも長続きします。体質改善や体を健康にしたいなら継続が何よりも重要です。1日3片食べても1ヶ月しか続かなかったら、1日1片3ヶ月の方がより効果的な摂取方法というのは誰にでも分かると思います。

 

黒にんにくの摂取量については色々と議論されていますが、1日1片でも黒にんにくの効果・効能を得るには十分といえます。3片食べたからって健康になるとは限りません!!


「味、品質、値段」どこよりもココが良かった!

それが、「岡崎屋の黒にんにく」。

岡崎屋の黒にんにく

ポイント1 モンド・セレクション6年連続金賞受賞!!

 

ポイント2 味も一流!国産味覚審査で優秀味覚賞を受賞!!

 

ポイント3 にんにく王国「青森県産」のにんにくを熟成発酵!

 

ポイント4 完全無添加・無農薬で生産されたにんにくを使用!!

 

岡崎屋の黒にんにくへ
岡崎屋の黒にんにくの体験談

関連ページ

黒にんにくとは?
そもそも黒にんにくって何?という方に黒にんにくについて簡単に説明します。
黒にんにくと生にんにくの違いとは?
黒にんにくと生にんにくの違いって何?そんな方のために黒にんにくと生にんにくの違いを解説します。
黒にんにくの副作用について
これだけ美容・健康に効果があると何か副作用があるのでは?そう思われる方もいるでしょう。そんな方のために黒にんにくの副作用に関する情報を掲載します。副作用が気になる方は是非ご覧下さい。
黒にんにくを食べたら【口臭や体臭】はどうなるの?【教えて〜】
にんにくを食べたら口臭はきつくなりますが、黒にんにくは大丈夫なのでしょうか?ここでは黒にんにくの口臭・体臭について詳しく解説しています。
黒にんにくはなぜ柔らかいの?【腐っているわけではない!!】
「黒にんにくは柔らかい!」いつも食べている私にとっては自然のことですが、まだ黒にんにくを食べたことがない方にとっては「なぜ柔らかいのか?」と疑問に思うはずです。ここでは黒にんにくの柔らかさについて詳しく解説しています。

黒にんにく特集