黒にんにくと生にんにくの違い

黒にんにくと生にんにくの違いは?

黒にんにくと生にんにくの違い 

黒にんにくは、生にんにくを発酵熟成させて出来たものなので、元をたどると同じものと言えます。
ですが、発酵熟成させる時点で生にんにくとは違うものになりますが、違いは見た目だけではなく、栄養成分の含有量にも大きな違いがあるのです。

 

黒にんにくには、生にんにくだと少ししか含まれていないのですが、にんにくだけが持っている成分であるS-アリルシステインがたっぷり含まれているのです。

 

にんにくに薬効があるのは、このS-アリルシステインを含んでいるからとも言われるぐらい、この成分には様々な効果が期待出来ます。

 

体内の老化を防ぐ抗酸化作用、病気に対しての抵抗力をアップさせる、悪玉コレステロールや血圧を低下させる、動脈効果予防などの効果があると言われています。
特に、現代病の一つとして生活習慣病を引き起こすと言われる動脈効果を予防出来るのですから、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などの心疾患などの予防につながるので、S-アリルシステインが注目されるのも納得ですね。

 

ただし、生にんにくからS-アリルシステインを十分に摂ろうとしても、もともとの含有量が少ないので、健康効果を得るために食べるとなると毎日たくさんの生にんにくを食べなくてはいけません。

 

ですが黒にんにくは、生にんにくと比べると約4倍ものS-アリルシステインが含まれているので、手軽に摂取をすることができるのです。

 

そして、もう一つの特徴的な違いは抗酸化作用です。

 

にんにくには抗酸化作用があるのですが、発酵熟成した黒にんにくはさらに抗酸化活性が強いという違いがあります。

 

数字で言うと、活性酸素を50%除去するには生にんにくなら約114mg必要ですが、黒にんにくならなんと1/16程度の約7mgで除去することができるのです。
ですから、黒にんにくなら、一粒食べただけで体内に発生している活性酸素の半分を手軽に除去できるという高い抗酸化作用を持っているということです。

 

つまり、S-アリルシステインの含有量と抗酸化作用が生にんにくと黒にんにくの大きな違いであり、黒にんにくの方が健康効果が高いと言われる理由でもあるのです。


「味、品質、値段」どこよりもココが良かった!

それが、「岡崎屋の黒にんにく」。

岡崎屋の黒にんにく

ポイント1 モンド・セレクション6年連続金賞受賞!!

 

ポイント2 味も一流!国産味覚審査で優秀味覚賞を受賞!!

 

ポイント3 にんにく王国「青森県産」のにんにくを熟成発酵!

 

ポイント4 完全無添加・無農薬で生産されたにんにくを使用!!

 

岡崎屋の黒にんにくへ
岡崎屋の黒にんにくの体験談

関連ページ

黒にんにくとは?
そもそも黒にんにくって何?という方に黒にんにくについて簡単に説明します。
黒にんにくの副作用について
これだけ美容・健康に効果があると何か副作用があるのでは?そう思われる方もいるでしょう。そんな方のために黒にんにくの副作用に関する情報を掲載します。副作用が気になる方は是非ご覧下さい。
黒にんにくを食べたら【口臭や体臭】はどうなるの?【教えて〜】
にんにくを食べたら口臭はきつくなりますが、黒にんにくは大丈夫なのでしょうか?ここでは黒にんにくの口臭・体臭について詳しく解説しています。
黒にんにくはいつ食べるの?
黒にんにくはいつ食べるのか?その疑問にお答えしています。また、一日の摂取量や食べ過ぎて起こる症状なども掲載しているので参考にしてください。
黒にんにくはなぜ柔らかいの?【腐っているわけではない!!】
「黒にんにくは柔らかい!」いつも食べている私にとっては自然のことですが、まだ黒にんにくを食べたことがない方にとっては「なぜ柔らかいのか?」と疑問に思うはずです。ここでは黒にんにくの柔らかさについて詳しく解説しています。

黒にんにく特集